ママのための子育て講座、地域の出産育児助成情報なら - BabyPedia ベビペディア

妊娠から出産までの過ごし方 赤ちゃんの成長と過ごし方

ベビーすくすく講座

妊娠から出産までの過ごし方

ベビーすくすく講座
妊娠から出産までの過ごし方

そろそろ離乳食の準備を始めよう

離乳食を始める

首のすわりがしっかりしている、支えてあげると座れる、食べ物に興味を示す、スプーンなどを口に入れても押し返すことが少なくなる、などの様子が見られたら、離乳食を始める目安です。

ヨーグルトくらいになめらかにすりつぶした食べ物を1日1回、1さじずつ与えてみましょう。はじめはつぶしがゆがオススメです。慣れてきたら、やわらかくつぶした野菜や豆腐、白身魚などを試してみましょう。母乳やミルクは赤ちゃんが飲みたい分だけ与えてよいです。

この時期はたくさん食べられたかよりも、口に入った離乳食を、くちびるを閉じて飲み込むことができるようになることの方が大切なポイントです。

夜泣きが始まる

このころになると、夜泣きがはじまることがあります。オムツの濡れや空腹などを解消してあげても泣き止まないことが多く、お父さんとお母さんにはたいへんな時期だと思います。

夜泣きの原因は分かっていませんが、夜にはぐっすり眠れるように、昼間はたっぷり遊ばせましょう。

夜泣きの中でも、赤ちゃんが寝ぼけて泣き続けている場合は、一度起こしてみるとぴたっと泣き止むことがあるようです。また、夜風には沈静作用があるので、夜のドライブやお散歩も夜泣きを止めるのに効果的です。

赤ちゃんとスキンシップを

首が完全にすわり、お母さんの顔や声が分かる時期です。あやすと声を立てて笑ったり、「アーアー」と活発に声を出して人を呼んだりします。

赤ちゃんが声を出したら言葉をかけて、できるだけこたえてあげましょう。

授乳中のお母さんの食生活

産後は、赤ちゃんのお世話で睡眠不足になったり、生活リズムが乱れたりすることもあるでしょう。そのような時は食事がおろそかになってしまいがちですが、お母さん自身と赤ちゃんのためにもぜひバランスのとれた食事を続けて下さい。

授乳中はEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など、必須脂肪酸を多く含んだ魚を食べることがおすすめです。魚は必須脂肪酸のほか、たんぱく質やカルシウム、ビタミンなども一緒にとれるのでしっかり食べましょう。

また、授乳中はお母さんのからだの水分が失われがちです。食事のときは、汁物などをつけて水分補給に努めましょう。のどが渇いたら、こまめに水分補給をするようにしてください。

授乳中の禁酒、禁煙はもちろんですが、カフェインも母乳に移行します。カフェインはコーヒー、日本茶、紅茶、チョコレート、コーラ、栄養ドリンクなどに含まれています。カフェインを摂りすぎると、母乳の量が減ったり、赤ちゃんが母乳の中のカフェインの影響で、興奮して眠れなくなったりすることがあります。コーヒーはカフェインレスにするなどの工夫をしましょう。

お母さんの骨量増加のチャンス!

お母さんの骨は、妊娠と授乳で相当減ってしまいます。しかし、女性だけに与えられた骨量増加のチャンスがあります。それは出産後、生理が再開してから半年~1年の間です。

この時期の女性のからだには、例えるなら丈夫な骨を組み上げる腕利きの大工さんがいるようなものです。この時期に骨の材料となるカルシウムとビタミンDをたくさん供給してあげると、丈夫な骨ができるわけです。このチャンスを利用して、丈夫な骨を作りましょう。

手足口病に注意!

手足口病とは、10歳以下の子どもが多く発症するウィルス性発疹症です。3~5日の潜伏期間ののちに、口腔内や手のひら、足の裏、おしり、ひざ、ひじに水疱性の発疹が現れます。口の発疹がしみて痛み、食べるのを嫌がることがあります。人によっては微熱や軽いのどの痛みがあることもありますが、ほとんどが1週間~10日程度で回復するでしょう。

ほぼ毎年流行し、特に夏季の流行が多いのですが、秋から冬に掛けて流行することもあるので、きちんと予防することが大切です。便へのウィルス排泄は2週間以上と長いため、おむつ処理や、汚れた衣服の洗濯をした後は念入りに手を洗いましょう。

手足口病は全身症状が軽い場合は感染予防を目的とした登園登校禁止は勧められていません。しかし、まれにけいれんを起こす、嘔吐をくり返すなど重症化する場合もあります。子どもの体調の変化には十分注意をはらい、心配なことがあればすぐに医師に相談しましょう。

【出典】

  • 赤ちゃん&子育てインフォ

  • 母子健康手帳・副読本 / 指導:多田裕(東邦大学名誉教授)/ 発行:公益財団法人 母子衛生研究会

  • 楽しく食べよう!離乳食応援BOOK 授乳・離乳の支援ガイドより / 指導:澤 正義(日本子ども家庭総合研究所 名誉所長 医学博士)、 堤 ちはる(相模女子大学栄養科学部健康栄養学科教授 保健学博士 管理栄養士)/ 発行:母子保健事業団

  • 妊産婦のためのバランス食生活ガイド / 指導:福岡 秀興(早稲田大学胎生期エピジェネティク制御研究所)/ 発行:母子保健事業団

  • 母子保健ハンドブック2011 / 編集委員長:柳澤正義(日本子ども家庭総合研究所長 医学博士)/ 発行:母子保健事業団
↑ページトップへ